JZ Minnow WA

2010年から始めた新しいターゲット「イトウ」。

朱鞠内湖で様々なタイプのミノーを使用しても、思ったような釣果が残せなかった。

その時、岸際で泳ぐワカサギを観察をしていると、ヒントが浮かんできた。

それと、朱鞠内湖で有名ポイント前浜で 「フライフィッシャーが釣れているのに、私には反応無し」

という散々たる結果。

 

 ① なぜ、フライが釣れるのか? (猿払川も同じ傾向がある)

 ② 実際の泳いでいるワカサギの動き。

 

その2点を具現化したのが今回の JZ Minnow WA。

 

泳いでいるワカサギは、市販のリップ付きミノーの様に、派手なローリングやウォブリングなどしていなく、

「スー」 と泳いでいる。そう、まるでゾンカーのよう。

「ジグミノーでは?」 と思われる方もいると思うが、以外とDeepに泳がすことが出来ず、表層を泳いでしまう。

フライの場合、シンキングラインを使用し、泳層を安定させている。

その点は、アイの位置とウエイトの位置・重さで解決出来た。

アクションは、「スー」と泳ぐ。 そう、スローリトリーブで僅かなローリングアクション!

 

リトリーブスピードはファーストリトリーブでも水面から飛び出すこともなく、

超スローリトリーブでも水平姿勢をキープする。まさにジグヘッド!

(ジグミノーでは、スローリトリーブするとテールが下がる。)

わずかな、ロッドアクションに反応しリアクションする。誘い方は無限大!

釣り人のロッド操作により、エサを食べている動きに見えたり、逃げる動きに見えたりと、

アクションしないミノーが効果的に変わる瞬間が表現できる。

 

6作目で漸く、思い描いたミノーが出来た! (アクションをさせないのが、とても苦労した)

今シーズンが楽しみである。もちろん、朱鞠内湖だけではなく、ワカサギの棲む止水に有効だと思う。

 

今回は、1個のみHP上で販売。

 

他に、ご質問等ございましたら、メールでお願いします。

猿払川 イトウ
猿払川 イトウ
Dダム ブラウントラウト
Dダム ブラウントラウト

【spec】

 ■color   ワカサギ

 ■length  8.5㎝(後のアイを除く)

 ■weight 8.0g

 ■hook   チヌ針6号 黒

 ■price   ¥2000

 お陰様で売り切れました。