2017

9月23

 

天塩川

 

久しぶりの今回の釣行は、渇水から免れたが、逆に水位が高く濁りが強く、ポイント選択に悩む・・・

 

朝一のポイントといっても、遅めに入った。

サケの遡上が始まったようで、ハネが見られる。

このポイントでは、粘ってルアーチェンジを繰り返すも反応な無くポイント移動。

 

次のポイントでも反応が無く、移動することに。

 

キャスト・ルアーチェンジを繰り返し、目視できる足元でバイトしたが、フッキングしなかった・・・

90クラスだっただろうか?

 

その後、ポイント移動するも反応が無く、本日終了。

9月24

 

天塩川

 

朝、遅めのスタートでポイントへ向かった。先行者が居た為、次のポイントへ。

 

ルアーチェンジ2回目で、メータークラスのイトウが追ってきた!

しかし、見切られバイトに至らず・・・

粘るも、反応が無かった・・・

まだまだ、技術が足りないようだ。

 

その後、朝一のポイントへ向かったが、先程の先行者が・・・

粘ってますね~

 

昨日、バイトしたポイントへ移動した。

しかし、全く反応が無く、ポイント移動。

 

到着すると、水量が多く、流れが速い。

釣り始めて、暫くキャストを続けると、バイト!

水量が多く、瀬の流れが速い為、強烈なファイトが続く。

イトウは、流心に逃げようと流れを利用して逃げる。

ありがたく、流心に乗って下らなかったのが幸いし、

ランディングを早く終わらせてくれた。

イトウ 86㎝

ナイスファイトで、本当に楽しかった!

天塩川ならではのシチュエーションに感謝!

その後粘るも、反応が無く、ポイント移動を繰り返す。

しかし、反応が無く今回の釣行は終了。

9月2

 

天塩川

 

今年は、昨年とは違い台風が直撃していないのと、雨があまり降らず、

渇水が続いていて、イトウの活性が悪いと感じる。

 

今回、久しぶりの増水後だったのだが、最近雨が降っていないせいか、

直ぐに減水してしまう。

そんな状況の中の釣行となった。

 

最初に入ったポイントは、諸条件により入れず、次のポイントへ向かった。

始めるも、反応が無くポイント移動。

次のポイントでは、先客がいたので、暫く待っていたが、移動することにした。

次のポイントに入ると、前回とは随分川底が変わっていしまっている。

悪い方に・・・

粘り強く頑張ると、漸くバイト!が、ウグイだった。

その後再度バイトがあったが、またウグイ・・・ それもサイズアップ。

またバイトがあって、またウグイ?

ちょっとファイトが違うと感じながら、引き寄せるとイトウだった。

51㎝と小さいですが。

その後、反応が無く、ポイント移動。

次のポイントも、川底が随分変わっていた。

ここも悪い方に。

粘り強く攻めるとバイトが!

瀬でのバイトの為、良いファイトをしてくれる!

ベイトタックルでのなれないロッドワークで苦戦しながら、

漸く、ランディング! イトウ89㎝。

90㎝まで1㎝足りなかったが、ベイトタックルで、瀬で、

イトウとファイトが出来た事に、大きな満足を得た。

これで本日は終了し、温泉に入り、明日に向けて就寝。

9月3

 

天塩川

 

朝一は、昨日諸条件で入れなかったポイントへ。

キャスティングを始めたが、なかなか反応が無い。

暫く粘ると、漸くバイト!

ウグイかなと思ったが、小さなイトウだった。51㎝。

その後、アタリが無く、ポイント移動を繰り返す。

しかし、イトウの反応が無く、今回の釣行を終えた。

 

雨降ってくれ・・・

8月15

 

天塩川

 

7月22日をピークに減水が続き、雨もまともに降らず、今までにない渇水になっている。

盆休み中の釣行は無いと思っていたが、8月12日の雨で多少増水し、

釣行タイミングを計っていた。

 

天気予報を見ると、その後にも雨の予報もあり、今回の釣行日を決定した。

しかし、予報通りには雨が降らず、減水が始まる。

ここのところ雨が降っていない為、大地の保水能力があり、勢いよく減水していく。

予報通りには、事が運ばないようだ。

 

前日から釣行しているKさんと車中泊する駐車場で合流。

イトウ三匹をランディングしているとのこと。

やっぱり凄いですね。

釣り談議が続き、すでに日付が変わっていた。

その後、就寝。

 

朝、遅めの目覚めで釣りの準備を始め、各々のポイントへ向かった。

朝一のポイントへ入る。

良い結果が出ますようにと願い、深呼吸して始める。

しかし、アタリが無い。

ルアーチェンジをし、ある所でバイト!

喰いが浅かったのかフッキングには至らなかった。

その後反応が無く、ポイント移動。

 

次のポイントでも反応が無く、またポイント移動。

 

次のポイントは、有名ポイント。

最初に結んだルアーに反応は無く、ルアーチェンジを繰り返す。

夕刻に漸くバイト!

無事ランディング、細めのイトウ 73㎝

餌不足で細いのか?それとも捕食が下手なのか?

いずれにせよ、逞しく育ってほしい!

本日は、これで終了。

温泉に入り、明日に備える。

Kさんは帰路へ。

8月16

 

天塩川

 

最近の釣行の朝はちょっと遅め。

原因は長距離運転の疲れもあり、年齢的に疲れも取れない。

日没まで頑張ってもいない為、一日の釣行時間が減っている。

年も年だし、無理が出来ないと思っているが、気持ちの逃げでもある。

少し考える時に来たようだ。

 

今日の最初のポイントに入る。

しかし、粘っても反応は無い。

ポイント移動することに。

 

ポイントに入り、ルアーチェンジを繰り返すも、反応は無い。

カラフトマスのハネが確認できる。

遡上が始まったようだ。

ポイント移動。

 

ここ最近、このポイントで釣果が全く出せていない。

まず結んだルアーには反応が無く、ルアーチェンジ。

しかし、反応が無く時間が過ぎていく。

ある所でバイするが、フッキングぜず。

その後、漸くバイト!

小さいが良いファイトを見せてくれる。

無事ランディング イトウ 73㎝

昨日と同じサイズではあるが、コンディションが全く違っていた。

久しぶりに、このポイントでイトウに出会えたことが嬉しい!

その後粘るも反応が無く、本日は終了し帰路へ。

もっと雨が降っていただきたいものです。

7月29日

 

天塩川

 

久しぶりの天塩川。

しかし、水位が低いので、厳しい状況が予想される。

 

朝、遅めのスタートでポイントに入った。

しかし、反応が無く移動を繰り返す。

何も手掛かりがなく、時間だけが過ぎていく。

あるポイントでルアーチェンジを繰り返す。

漸くバイト!

シーズン初めのファイトよりも確実にコンディションが良い。

そしてランディング! イトウ90㎝。

厳しい状況の中、キャッチ出来たことに感謝!

その後、新規開拓の為、グーグルマップを見ながら河畔林に入ろうとすると、

目の前で動物が逃げる音が聞こえた。

自分も驚いたが、相手も同様だったのだろう。

その時点では、鹿と思っていた。

この時期伸び切った藪をかき分けて、少しずつ進む。

汗が大量に出る。

すると、蕗を喰いあさった跡や、熊の糞がある。

かなりヤバいところに入ってしまったが、そのまま突き抜けて川に出た。

しかし反応が無く、無駄に終わったが、新規開拓とはこんなものだ。

また先程の河畔林入るが、急いで出た。

今思えば、逃げた動物は鹿ではなく、警戒していた熊が、

私が河畔林に入ろうとしたので、逃げたのかもしれないとも思える。

ヤバすぎるので、ここには今後来ないと決める。

 

その後、ポイント移動を繰り返すも、反応が無く本日は終了・・・

温泉に入り、疲れを癒した。

7月30日

 

天塩川

 

前日の結果から、違うポイントを狙うが、イトウの姿は確認できない。

あるポイントでルアーチェンジを繰り返すと、昨日と同じルアーにバイト!

遠目で掛かった為、ファイトが楽しめた

シルバーメタリックの強いイトウ 79㎝

ポイント移動し、車を出ると、虻が非常に多い。

昨日も思っていたが、大量発生気味?

ポイントに入り、キャストを繰り返すと、バイトしたがフッキングしなかった・・・

ルアーに触った為、その後の追いは無かった。

その他にも、イトウの動きが感じられたが、ルアーには反応してくれなく、

このポイントで、本日も終了。

 

渇水の状況の中、イトウに出会えたのはとてもありがたい!

7月15日

 

I川・AB川

 

毎年恒例のサマーランアメマス釣行。

小気味良いアメマスらしくないファイトが楽しめる唯一の時期である。

しかし、年々サマーランのアメマスが減っているのが現実。

全体的にアメマスの個体数が減っているのか、

サマーランの個体数が減っているのかはわからないが、

アメマスが釣れる有名河川の遡上数も減少している。

原因は定かではないが、駆除?

温暖化?産卵場所の荒廃?

河川自体がサマーランに適さなくなっているのか?

いずれにせよ、ナイスファイトなアメマスと出会えるのはタイミング次第。

大きいアメマスが釣れるかどうかは誰もわからない、難しい釣りになってきた。

 

前日の夜、イトウ釣りで知り合ったKさん宅に泊めていただく。

今年の猿払釣行以来の再開で、話が弾む。

睡眠時間を考慮すると、明日はスロースタート。

 

遅めのスタートで釣り始める。

I川に入ったが反応が無く、AB川へ移動。

幸先良く、Kさんにバイト!

ナイスファイトなアメマス62㎝!

良いな・・・と見とれる。

その後、自分にもバイトがあり合わせる。

なかなかのサイズだとわかるが、なんとバレ・・・

気を取り直してキャストを続けるとまたバイト!

サイズは先程より小さいが、なんとまたバレ・・・

悲しすぎる。

またキャストを続けると、またバイト!

小ぶりのアメマス50クラス。

するとKさんにバイト!

大きいサイズだとわかる。

無事ランディング アメマス65㎝!

素晴らしい体高!これぞサマーランのアメマスらしい魚体!

それにしても良いアメマスだ!

だからサマーランのアメマスは止められない。

次は自分と思って攻めても・・・

 

お昼なので、車に戻る。

それにしても熱い・・・

車内にあった保冷バックの飲み物がHOTになっていた。

ヤバいね・・・

今まで、こんな事無かった。

本日、全国最高気温のベスト10の内、北海道が8か所あったそうだ。

 

昼飯を食べにエアコンの効いた店へ。

涼しすぎて、出たくない。

しかし、明日の午後から雨の予報なので頑張らないと。

 

ポイントへ向かう。

粘るも、バイト無く、本日は終了。

 

温泉に行き今日の疲れを癒す。

露天風呂は気持ちが良い!

本日も、Kさん宅に泊めていただく。

7月16日

 

AB川・I川

 

AB川のポイントに入り、幸先良く50クラスを2匹ランディング。 

その後が続かない。

昨日の気温の影響なのか?

それとも、上流へ移動してしまったのか?

 

I川へ移動。

予報通り雲行きが怪しい。

ポイントに着いて、幸先良くバイト!

しかしバレ・・・

その後、雷が響き渡る。

雨が降ってきて、慌てて車へ向かう。

車に着くと、ゲリラ豪雨となっていた。

本日はこれで終了。

年1回のサマーランアメマス釣行でした。

来年は、タイミングが合いますように!

7月1日

 

天塩川

 

6月30日の天気予報では、土日の日中が曇りだったので出発を決意。

寝床はいつものように車中泊。

 

朝起きると、予報に反して雨が降っていた・・・

再度天気予報見ると、あと少しで止む予想なので、

車の中でゴロゴロと、雨雲レーダーを見ながら準備のタイミングを計っていた。

そして準備を始め、ポイントへ向かった。

雨が止み、ポイントを眺めると、何かゾクゾクする!

ルアーをキャスト!

普通に帰ってきた・・・

これが普通だけど・・・

二投目ルアーを追って、大きな三角波が水面で確認できた!

そしてバイト!

ナイスサイズのイトウは、対岸に向かって走る。

強烈なファイトだ!

足元で掛かり川幅の中程を越えたところでロッドが軽くなった。

ガッカリである⤵ 

掛かりが浅かったのであろう。

ファイトをもっと味わいたかったのと、

ランディングして姿を見たかった。(涙

 

次のポイントでは無反応・・・

 

その次のポイントへ移動しようと思ったとき、雷が・・・

お~い天気予報! 最近あてにならないぞ---

雨雲レーダーを見て、次のポイントに入るまで小休止。

 

予報の時間に合わせてポイントに到着。

雨止んでないし・・・

小雨なので釣りを始める。

最初のルアーには反応が無かった。

ルアーチェンジして、二投目にバイト!

何度も合わせた。

重いファイトが続き、相手の強い反応をいなしながら寄せ、口を水面に出させた。

ランディングポジションをとり、無事ランディング。

サイズを測ると、105cm?

思っていたより大きく、何度も測りなおしたが、変わらなかった。

しばらくぶりのメーターオーバーで、嬉しさが込み上げる!

この釣りを続けて良かったと思える瞬間である。

リリース後、先程の雷の影響で濁りが増し、

みるみるうちに濁りが強くなってきた。

影響の少ないポイントを探して続けたが、ノーバイト・・・

本日の釣りは終了。

 

明日のために、温泉に入りイメージを整える。

温泉を出ると、雨が・・・

予報と違うだろ~~~

再度天気予報を見ると、明日は一日中雨の予報・・・

先程までのコンディションに、追い打ちをかけるような雨の予報で、モチベーションが下がり帰路へ。

5月19日

 

猿払川・A川

 

今年、初めての釣行となる。

 

前日の夜に出発して、現地に到着。

車中泊の準備をしていると、風が強く車が大きく揺れる。

風の音と揺れで、なかなか寝付けない。

揺れが少しでも少ない場所を探し、2回移動した。

漸く寝付けたのが、時刻は午前2時頃だった。

勿論、釣りはスロースタートの7時となった。

 

ポイントへ向かっていると、足元で蛇が日光浴していた。

ビックリしたが、晴れの時に良く見る光景だ。

何時ものポイントは入った。

それにしても風が強い。

帽子が飛びそうなので、被らずキャスティングを始める。

足元を見てもトンギョの遡上が確認出来ない。

厳しい状況が予想出来るが、濁りがある為、チャンスはありそうだ。

キャストを続けること1時間、今年初バイト!

イトウのファイトを久しぶりに楽しみ、ランディング。

幸先よく、なかなかのサイズでホッとした。

イトウ 85cm

再びキャストを始め、30分後にバイト!

先程よりサイズが小さいと分かる。

無事、ランディング。 

イトウ 79cm

その後が続かない。

トンギョの遡上がほぼ無い為、イトウの活性が悪い。

ポイント移動することにした。

 

風が強い為、車を止める向きが悪いと、倒れそうな感じがする。

それ程強く、フロントを風に向かって止める。

ドアを開けるのも大変な状況だ。

このポイントは風下で木が有る為、風の影響を受けづらい。

 

ある所でキャストする。

着水しリトリーブの間にバイトしたが、フッキングしなかった。

再びキャストするも、追いは無かった。

次の所でも、追いがあったが、バイトすることは無かった。

残念だがポイント移動することにした。

 

A川に移動した。

 

ここも濁りがある。

キャストを繰り返し、ある所でバイト!

無事ランディング。

イトウ 95cm

2時間後、再びバイト!

イトウ 88cm

本日は、これで終了。

幸先の良いスタートとなった。

5月20

 

猿払川・A川

 

前夜も風が強く、一昨日と同じ場所で車中泊する事とした。

 

2時に起きたが、相変わらず風が強く、天気予報を確認すると

時間と共に弱まることが確認出来た。

二度寝し、5時から昨日のポイントへ向かったが、

なんと、ところせましと2~3m間隔で10人位いるではないか・・・

さすが土曜日、ポイント移動することにした。

 

ここも、1匹は確認出来たが、反応無し。

またポイント移動。

 

次のポイントは、猿払へ来た当初、よく狙ったポイントだが、最近は入っていなかった。

ワンポイントで狙う。

水面を観察すると、イトウが確認できる。

トンギョの遡上が無いせいかボイルが無い。

キャストを繰り返し、ルアーも変えて狙う。

全く相手にしてくれない。

あるルアーに変えると、完全に喰った!

良しと思い、合わせると抜けた。

何故、フッキングしない・・・

最大のチャンスを逃し、その後は反応無し。

 

 

次は、朝釣り人が10人位居たポイントへ戻る。

運良く釣り人は居なかったが、イトウはスレてるだろうな~

トンギョも確認出来ないし、ボイルも無い。

暫くして、少しではあるが、ボイルが単発的に始まった。

トンギョが少し遡上してきた。

 

キャストを続けるとバイト! 合わせたが抜けた・・・

喰いが浅かったようだ。90クラスかな?

その後、何度もキャストするも、見切られたようだ。

 

そのうちイトウのボイルも無くなった。

ルアーチェンジを繰り返し、漸くバイト!

無事ランディング。 イトウ 58㎝ 小さいけど・・

 

その後、反応が無くポイント移動。

A川に移動した。

状況は昨日と同じで、濁りが入っている。

キャストを繰り返すと、バイト!

無事ランディング! イトウ 83㎝

その後、アタリが無く本日は終了。

 

猿払方面は、以前の様に大量のトンギョが遡上しなくなった。

まだ、遡上ピークではないのかもしれないが、

この時期のイトウの釣果はトンギョの遡上数が多いほど良い。

以前みたいに、一日中イトウのボイルが有れば、本当に楽しいのだが・・・