2006

5月13日

 

石狩川水系Dダム

 

今年、初釣行!
この時期、通常の河川は雪どけによる濁り・増水の為、釣りにならないが、

この河川はそんな影響が全く無い。

 

エントリー前に水温を計ると8℃、チョッと低いかな~。

 

今回は、ハンドメイドミノーの2作目のテストも兼ねている。

4種類のウエイト違いのミノー。

はたして結果はどう出るでるか?


釣れました。ブラウン、6匹。 全てのミノーで釣れました。

市販のミノーを2種類使いましたが、ノーヒット。

い~じゃないですか、このミノー!

でも、サイズが・・・。6匹全て、30㎝以下です・・・。

50㎝オーバーが2匹追って来ましたが、Uターン・・・。

40オーバーがヒットしましたが、バレたりと、大物は残念ながら釣れなかった・・・。

 

写真の2匹は、2枚目が朱点無、3枚目が朱点有り。

サイズはともかく、透明度はとても良い為、魚のバイトシーンが見えて楽しい釣行。

 

昨年、編んだネットの色落ちが酷く、シーズンオフに編んだ。今回はイエロー系。

5月27日

 

石狩川水系A川

 

今年渓流 初釣行。

 

期待を膨らませいざ出陣。

大きいの釣ったるぜ~。
残念ながら大きいサイズは釣れませんでした・・・。

サイズも測っていません。結果は2匹です。

 

水温9℃、水質濁り強し。水量まあまあ。

この川は、1~2週間早かったのかな~。

しかし、会社の人が釣ったニジマスから、ハンドメイドミノーのヒントを得た。

私にとって、凄い収穫。

きっと、良い結果が出るでしょう!

 

M川

 

A川は午前中で見切り、また期待を膨らませM川に向かった。

向かう途中、居眠り運転をしてしまった・・・。

危なかった。もう少しで、ガードレールに激突ってところでした・・・。

皆さん、眠くなったら駐車して仮眠しましょう!

 

さて、目的の川へ到着し、水温12℃、水質良し。

水量とても多い・・・。どうして?

川を渡ることもままならない状況・・・。

 

ニジマス33cm

 
やっと釣った1匹。ハンドメイドミノーの釣果です。

今年は、なかなかビックサイズが釣れません・・・。

苦戦です・・・。

6月27日

 

石狩川水系豊平川

 

増水がおさまる頃、大きいニジマスが釣れると以前から聞いていて、

いつかは行ってみようと思っていた。

午前中のみ釣りでしたが、水位が予定より少なのか?ちょっと遅すぎたのか?

それよりも気になったのが、午前中で10匹ぐらい釣ったが、形が比較的揃っていた。

 

この川は、石が大きく、苔が多いのでとても滑り、遡行にとても疲れる。

フェルトはこれ以上、進歩しないのでしょうか?

7月4日

 

石狩川水系S川

 

過去に1度来て、その時は釣り上がった。

この川は全体的に流れが太く、速く、遡行がとても疲れます。

今回は釣り下がってみた。

 

川幅が結構ありポイントがつかみずらい。

ここのアメマスは、ダムから遡上した魚で、ワカサギを捕食していると思われる。

魚体もアメマスらしくなく太く、ニジマスほどではないが、かなりのファイターだ。

興奮してしまった!


イカツイ顔のアメマス48㎝

7月29日

 

尻別川

 

ここは超プレッシャー河川なので、釣れれば釣れるほど自信に繋がる楽しい河川。

しかし、ヤマメの着くポイント(大きく分けて3つある)を早く憶え 、

攻略の方法を見つけることが釣果に結びつく。

 

ミノーについては超プレッシャー河川だからと小さいサイズを使う必要は全く無い。

逆に私の場合小さいと釣れない。

また、ここのヤマメ、ニジマスは、フックを外すのが非常に上手く、

ヒットした半数位バレる。(私の腕が未熟なのは当然だが・・・)


今回は午前中の釣行で20匹以上釣ったが、

最後の写真のヤマメの体高にはビックリで、思わず尺越えと思った位大きく見えた。

計ると27㎝だった・・・。

 

今回も残念ながら尺ヤマメを釣ることができなかったが、

今シーズンもう1回チャレンジしたいと思っている?

 

ルアーはハンドメイドミノーです。